あなたのクマはどのタイプ?種類と見分け方や対策方法。

あなたのクマはどのタイプ?種類と見分け方や対策方法。

目の下にクマがあると疲れているように見えたり、老けて見えたりしますよね。

目の下にできるクマにはいくつか種類があり、対策法も異なります。

まずはクマの種類や見分け方。原因とそれぞれの対策法もまとめて紹介します。

あなたのクマはどのタイプ?種類と見分け方。

青クマ

青クマは、主に血行不良が原因。

黒ずんだ血液が透けて青っぽく見えるのが特徴で、睡眠不足や目の疲れなどで発生します。マッサージやお風呂上がりの血行がいい時に目立たなくなるなら、青クマと考えられます。

茶クマ

紫外線や、目をこすったりしたときの外的な摩擦刺激などでの色素沈着が原因の茶クマ。

見極めるポイントは、目尻を指で横に引っ張って見てください。この時、茶色い部分が皮膚と一緒に動くようなら、メラニンによる茶クマといえるでしょう。

黒クマ

ハリや弾力の低下によるたるみが原因で、黒っぽい影のように見えるのが特徴。

加齢や紫外線などの影響で肌のハリが低下すると、たるみの影がクマに見えてしまうのです。体を仰向けにしたときにクマが目立たなくなるようなら、黒クマの可能性が高いです。

加齢によってたるみができてしまうのは仕方ないですが、「たるませない」意識をすることが重要。

クマの種類別対策法

青クマの対策方法

青クマは血行をよくすることが重要。目の周りを温めたり冷やしたりを繰り返すことで改善するといわれています。

マッサージや、ツボ押しなどこまめな血行促進を心がけてみてください。

睡眠不足や運動不足も血行不良の原因なので、生活習慣の見直しも大切。

茶クマ対策方法

普段から目をこすったり、アイメイクを落とす際に力を入れてこすったりしていないか振り返ってみて。目のまわりの皮膚は薄くてデリケートなので、ちょっとした刺激でも色素沈着を起こしやすいです。

また、紫外線対策もしっかりしてシミケアと同じように美白有効成分が配合されたスキンケアアイテムを取り入れることで、茶クマの改善につながります。

黒クマの対策方法

黒クマを解消するには、目の周りの筋肉の衰えなどで起こる肌のたるみを解消することが大事。

エイジングケアに効果的な化粧品を使うとともに、目の周りの筋肉(眼輪筋)を鍛えるトレーニングもおすすめ。

たるみによる黒クマは、他のクマより改善が難しいといわれていますので、早めの対策が必要です。

お手軽簡単!目のまわりの15秒トレーニング。

1.目を大きく開いて5秒キープ(上まぶたの筋肉を使うように意識)

2.目をギューっと5秒閉じる

3.まぶしい!って感じの薄目にして5秒。(できるだけ細く薄くがポイント)

目の下にクマがあるかないかで、顔の印象は大きく変わります。自分のクマの種類を見極め、日々の対策ケアをすることで悪化させないようにすることが重要です。

サイト名
タイトルとURLをコピーしました