バストの大きさは遺伝する?バストに関するウソ・ホント

バストの大きさは遺伝する?バストに関するウソ・ホント

ふっくらした美バストは女性の永遠の憧れ・・バストケアに関する情報はたくさんありますが、大きさは遺伝?大人になるともうバストアップはムリ?などなどバストに関するウソかホントか見分けるのは難しいですよね。

ここでは、バストに関するウソとホントについて紹介します。

バストの大きさは遺伝なの?

バストの大きさは遺伝するといわれるのは、3割はホント。具体的には30〜40%程度は遺伝で少なからず影響はあります。

ですが、バストの大きさを決めるもっとも大きな要因は「生活習慣」で、約7割は遺伝ではありません。

バストの大きさを決めるのは日々の生活習慣や食事が大きく関係しています。

思春期から成長期にかけて女性ホルモンが分泌されることでバストも成長し、その期間に分泌される女性ホルモンの量によって、バストの大きさが異なってくるのです。

そして、女性ホルモンの分泌量に大きく影響するのが、乱れた生活習慣やストレスです。

特に、18歳までの成長期に正しい生活習慣を送れている女性は、バストの大きい女性が多く、大人になればある程度の大きさのバストは手に入るのです。

大人になったらもうバストアップはムリ?

答えはNO!もちろん個人差はありますが、成人してもバストが大きくなったという声を実際に聞いたことがある方もいると思います。

バストは乳腺と脂肪でできていてその割合は1:9。乳腺が発達するとそれを守る脂肪が増えバストが大きくなります。

基本的に乳腺の発達は20代中盤頃までには終わってしまいますが、乳腺を育てることができればバストアップする可能性はあります。

バストの成長には女性ホルモンが大きく関係しています。

バストアップで重要になるのが、エストロゲンとテストステロンのバランス。

テストステロンは男性ホルモンですが、このテストステロンを必要最低限の量に抑えつつ、エストロゲンをいかに多く分泌させるのかが、バストアップのポイント!

エストロゲンをバランスよく保つため効果的であるとされているのは「睡眠・食事改善・適度な運動」です。

食べ物でバストアップできる?

ここでは、バストアップに良いとされている成分について効果があるのかないのか見ていきたいと思います。

大豆イソフラボン

納豆や豆腐に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンに似た働きをし、エストロゲンが少ない場合は補ってくれます。また、エストロゲンが過剰になっている場合は減らしてくれる役割も担っているため、女性ホルモンのバランスを保つのに最適。

ただし、大豆イソフラボンが直接バストアップに効果があるという医学的根拠は現段階ではありません。

ビタミンE・ビタミンB6

アーモンドやアボカドに含まれるビタミンEはエストロゲンを分泌する卵巣の働きを助けてくれますし、カツオや牛レバーに含まれるビタミンB6は脳に女性ホルモンを分泌するよう働きかけてくれます。

タンパク質

鶏肉などに含まれるタンパク質も直接の影響はないとされています。

ですが、大胸筋はバストを支えハリをもたらしてくれる大事な筋肉。この筋肉を形成する上で大切なタンパク質を摂取することで、バストアップにも繋がります。

大豆イソフラボンも、ビタミン類、タンパク質などだけではなく、バストアップに大切なのは、バランスのいい食事を心がけること。

女性にとって気になるバストの大きさですが、遺伝が全てではありません。最大の要因は生活習慣や食生活。

ストレスのない規則正しい生活習慣や食生活を送ることができれば、バストアップは可能です。遺伝だからと諦めずに日々の努力で美乳を叶えてくださいね。

サイト名
タイトルとURLをコピーしました