はげの種類(タイプ)について!各症状とその対策法を解説します

はげ種類
薄毛や抜け毛といった頭皮トラブルは、今では男女関わらず多くの人が悩まされる疾患であり、進行すると頭皮がむき出しになるはげになります。

はげといっても症状の程度や原因によって種類が異なり、対策方法も状態に合わせて治療することが大切です。

男性型脱毛症(AGA)

M字やU字O字型に薄毛が進行していく症状は一般にAGAつまり男性型脱毛症と呼ばれる疾患であり、その名のとおり男性ホルモンが主に関係しています。

通常の男性ホルモン(テストステロン)が、毛根にある5α還元酵素と結合することで、ジヒドロテストステロンに変換され、それが抜け毛の原因となります。

この対策にはプロペシアを服用します。プロペシアはテストステロンが5α還元酵素と結合するのを阻害する効果があります。プロペシアは医薬品であるため、医師から処方してもうらう必要があります。

女性男性型脱毛症(FAGA)

同じく男性ホルモンが関係している頭皮トラブルにはFAGA、女性男性型脱毛症と呼ばれる疾患が挙げられこれは女性のみに見られます。全体的に髪の毛が薄くなっていくのが特徴であり、加齢によって女性ホルモンが減少して男性ホルモンが多くなることが要因とされます。

今述べた2つの薄毛、抜け毛の疾患はホルモンバランス以外に生活習慣やストレス、誤ったヘアケアでも発生すると言われます。その為偏食を控えたり、十分な睡眠を行いホルモンバランスやストレス解消に努めることが大切です。

脂漏性脱毛症

余分な皮脂が発生するとそれが毛穴を塞ぎ、頭皮に炎症を引き起こし脂漏性脱毛症という症状に変化する恐れがあります。特にファーストフードのような脂っこい食べ物は頭皮の皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

ちなみに脂漏性脱毛症の場合はげになる確率は少ないと言われますが、抜け毛の症状でもあるので進行すれば頭皮がむき出しになることも考えられます。

粃糠性脱毛症

皮脂以外でも頭皮の毛穴を塞ぐものもあり、それは古くなった皮膚の角質が剥がれ落ちたフケです。フケによって発生する抜け毛や薄毛の症状を粃糠性脱毛症と呼び、ホルモンバランスの乱れ以外に誤ったヘアケアが要因になります。

日々のシャンプーも正しく行わないとはげの原因になるものであり、粃糠性脱毛症や女性男性型脱毛症を発生させてしまいます。

少なくともシャンプー前は髪をブラッシングし、ぬるま湯で頭皮を洗うことが大切です。

またシャンプーにも種類が存在し頭皮トラブルを抱える人はアミノ酸系の洗浄成分を使用したシャンプーが肌に優しく、炎症や薄毛を抑えて髪を洗うことが可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする