リアップだけではM字ハゲに効果なし!?プロペシアとの併用がおすすめな理由

リアップはM字に効果なし
男性にとって薄毛の発症はとても深刻なものです。とりわけ薄毛の中でも額の両サイドの生え際が徐々に後退していくタイプのものはM字ハゲとも呼ばれ、典型的なAGAを由来とする薄毛症状と言われています。

男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素(5α還元酵素)が反応しあってDHTという物質を作りだし、これが毛乳頭の感知機能によって感知されることで、頭髪の成長サイクルが乱れてしまい、いつしか抜け毛や薄毛へと発展してしまうのです。

AGAに対するリアップの効果

この対処法としてはミノキシジルを配合したリアップを使うという手法がよく知られています。これを使うと頭皮の毛細血管が拡張され、血流量が高まります。

すると、それに乗って運搬される栄養分の補給量も上がり、これまで栄養不足に陥っていた頭髪の細胞が、しっかりと細胞分裂して成長する状態が確保されるようになるのです。

しかしこのリアップを風呂上がりに使用し続けるだけでは効果は万全ではありません。というのもリアップそのものはAGA治療の薬ではなく、根本的に治療を行うにはこれに加えてプロペシアという錠剤を服用し続ける必要があるのです。

AGAに対するプロペシアの効果

プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれており、これを摂取すると5α還元酵素の働きを抑制することができます。それに伴って頭髪の成長サイクルを乱すDHTの分泌を減少させることが可能となります。

こうやってまずは頭髪の成長サイクルが正常化させて、育毛を妨げるものを払拭することができた上で、この時点にてリアップを使い続けることで効果が出始めます。

というのもプロペシアだけでは頭髪の成長サイクルを正常化するだけで、栄養分が過不足なく補充できるような血行改善の力を持っているだけではないので、リアップの力によってその状態を引き出すことが必要となるのです。


このようにしてリアップとプロペシアの両方の薬が車輪の両軸のように噛み合って回転することによってAGAの状態が改善されてより良い頭髪の成長がもたらされることとなるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする